矯正装置を外したあとがもっとも重要です

長い期間を要して整えた歯ならびですが、矯正装置を外すと歯は自然に元の位置に戻ろうとします。そのため、せっかく得たキレイな歯ならびを維持するために必要なのが、保定装置(リテーナー)をつけて正しい位置に歯を安定させる「保定」です。
※保定装置料(¥20,000+税/一つ)がかかります。

保定には患者様のご協力が不可欠です

「矯正装置がやっと外れた!」と開放的になる患者様も少なくありませんが、その後の保定にもしっかり取り組まないと、せっかく手に入れたキレイな歯ならびが台無しになってしまいます。保定装置はそのほとんどが取り外しできるので、装着を怠ってしまう患者様もいらっしゃるかもしれません。しかし、装置の脱着を面倒に感じ怠ってしまうと、これまで矯正治療に費やした時間が無駄になってしまうのです。決められた装着時間はしっかりと守りましょう。なお、保定期間は一般的に矯正装置装着期間と同程度です。

保定装置のチェックは定期的に

保定装置は、ただ決められた期間装着し続けていれば良いわけではありません。矯正装置同様、定期的な調整が必要なのです。月に1~2回程度は通院し、保定装置のチェックを受けましょう。なお、当医院ではあわせて、歯ならびの経過観察や、お口の健康維持のためにむし歯の有無などの口腔内チェックも行います。
※処置料(¥3,000+税)がかかります。

保定後もメインテナンスに通いましょう

保定期間が終了したら矯正治療に関しては完了ですが、お口にはむし歯や歯周病がいつでも発症するリスクがつきまといます。ご自宅での毎日のケアは予防の基本ですが、それだけでお口の健康を維持するのは難しいもの。お口の健康を維持するために、丁寧なセルフケアを行っていくのはもちろん、月1回は定期検診に通い、メインテナンスを受けましょう。

矯正治療に関するQ&A

子どもの矯正治療について

子どもの歯ならびが気になるのですが、治療は早めにしたほうがいいのでしょか? また治療をした場合、期間はどのくらいかかるのでしょうか?

子どもの頃に矯正治療を行うと、顎の成長を利用できることから抜歯が回避できたり治療が簡単かつ短期間で済んだりといったメリットがあります。歯ならびが気になるようでしたら早めに治療をはじめたほうが良いでしょう。とはいえ、最適な治療開始時期は人それぞれですので、まずはお気軽にご相談ください。

また、治療期間についてですが、不正咬合(歯ならびの乱れ具合)の種類にもよりますし、成長過程にもよりますので一概には言えません。目安としては1年半程度程度とお考えください。詳細につきましては、お気軽にご相談ください。初診相談は無料です。

通院間隔はどのくらいですか?

お口の状態や治療内容にもよりますが、
・通常の矯正治療などの場合・・・月1回程度
・顎の正常な成長を促すなどの治療の場合・・・3~6ヶ月に1回程度
・保定期間の場合・・・半年に1回程度の通院をお願いしています。

なお、詳細につきましては治療計画をご提案する際にくわしくご説明いたします。お気軽におたずねください。

子どもの頃に矯正治療をすれば、大人になってから矯正治療は必要ありませんか?

子どもの矯正治療というのは、将来の整った歯ならび形成の準備ともいえるものです。そのため、子どもの頃に乱れた歯ならびを整えておくことで、大人になってからの本格矯正を回避できることもあります。しかし、大抵の場合には成長期の矯正治療のあとに、永久歯列期の歯列矯正(大人の矯正治療)が必要になることがほとんどだとお考えください。ただし、子どもの頃に治療を行っておくことで、大人の矯正治療を行った場合でも簡単かつ短期間で済むこともありますので、歯ならびが気になる段階でまずは子どもの矯正治療を検討することをおすすめします。

大人の矯正治療について

どのくらいの期間がかかりますか?

不正咬合(歯ならびの乱れ具合)にもよりますし、用いる矯正装置にもよります。また、抜歯か非抜歯か、患者様ご自身の積極性・協力度などによっても期間が異なりますので一概には言えませんが、目安としては1年半~3年程度です。詳細につきましては、お気軽にご相談ください。初診相談は無料です。

通院間隔はどのくらいですか?

通常は、月1回程度のペースで通院していただきます。短期間のうちに頻繁に通いすぎると歯周組織を痛める原因になる場合があり、逆に前回の通院からあまりにも間隔が長いと治療効果が下がり、治療期間が長引く原因になる場合が出てきますのでご注意ください。

必ず抜歯が必要になりますか?

不正咬合の状況により抜歯の必要性は異なりますので一概にはお答えできません。ただ、子どもの矯正治療に比べて抜歯の可能性が高いことは事実です。

一般論としては、抜歯はできるだけ避けたほうがいいですが、なかには他の歯への影響を抑えるために抜歯が必要なケースもあります。当医院では、お口の状況や患者様のご希望をうかがったうえで最適な治療をご提案しております。

部分矯正には対応していますか?

当医院では、極めて限局した箇所において矯正治療が必要な際には、部分矯正をご提案しています。とはいえ、検査の結果、周囲にも治療の必要性が出た場合には全顎矯正をご提案する場合もあります。できるだけ患者様のご希望に添うよう努めますので、まずはご相談ください。

子ども・大人共通

費用はどのくらいかかりますか?

一般的な矯正治療は保険が適用されないので、自費診療となります。用いる装置の種類にもよりますが、治療自体の料金につきましては「治療費・医療費控除」でご確認ください。なお、医療費控除の対象になる治療もありますので、あわせてご確認ください。その他、詳細な費用につきましてはお気軽におたずねください。

矯正治療の途中で転居した場合どうなりますか?

転居先付近で信頼できる矯正歯科をご紹介いたしますので、引き続き治療をお受けいただけます。ご安心ください。

ただ、患者様都合での転院となりますので、大変申し訳ありませんが費用の返還は致しかねます。治療再開の際に、転院先の医療機関にてあらためて正規の治療費がかかるため、じっくりご検討のうえ治療を開始していただきたいと思います。

矯正治療による痛みはありますか?

矯正治療では、装置で弱い力を歯にかけ続けることで歯を動かします。このときに痛む場合がありますが(おもに装置装着直後)、次第に慣れるため「しばらくすると気にならなくなった」といった患者様が多くいらっしゃいます。ご安心ください。なお、どうしても痛みに我慢できないという方には痛み止めを処方しておりますので、お気軽にお申しつけください。

普通に食事できますか?

基本的に食事に関する制限はありません。ほぼ通常通りに食事をしていただけますので、ご安心ください。ただ、チューインガムなどの付着しやすいもの、おせんべいなどの硬いものは装置が破損する原因になりますので、お気をつけください。

東京都渋谷区|診療予約|代々木クリスタル歯科医院

代々木クリスタル歯科医院

治療ガイド

PAGE TOP